橘の高校世界史

高校世界史のことを中心に・・・

デミオ・ディーゼル〔LDA-DJ5FS〕

今までありがとうアクセラ、こんにちはデミオ!

DSC_0167

11年目の車検を迎えたアクセラスポーツ20C。10年を超えても走行距離もまだまだ短いし、目立った傷みも無し車検受けて現役続行と思ってました。

そう言う時に限って悪魔の囁き、偶々取ってしまった関西マツダ泉佐野店のKさんからの電話「前言ってたデミオディーゼル、一度乗ってみてくださいよ-、乗るだけでも大丈夫なんで」を断り切れずついつい試乗してしまいました。よく考えたらそれってskyactivーd2.2が出た時に「デミオでディーゼル出たら買いますよ」って言ったやつじゃないですか、営業の人ってそんな断り文句良く覚えてますね・・・

いざ乗ってみての感想は「トルクが太いって扱いやすいし気持ち良い・エンジン音がディーゼルにしてはマイルド・黒煙無し・XD Touringの内装がわりと豪華・前列シートがしっかり、後列もそこそこの広さ」で、アクセラに見劣りしない運動性能と居住性が大いに印象づけられ、アクセラ現役続行の気持ちがグラグラと揺らいでしまいました。乗ったらダメですね・・・

ガソリンエンジンならいざ知らず、デミオXD skyactivーd1.5はアクセラスポーツ20Cと価格的にそう変わりません。このコンパクトカーにしては高めの価格とskyactivーd2.2の不具合の話が大いに気に掛かったわけですが「skyactivーd1.5も1年半、新型デミオ自体マイナーチェンジも済んでるし大丈夫だろう」と高をくくってしまい、三日悩んだだけで購入を決めてしまいました。いやー、車代を振り込むときってドキドキしますね、悪い意味で・・・

購入を考えはじめた当初はデミオXDを選ぶつもりでしたが、オプションでLEDヘッドライトを選択するとXD Touringと価格差が数万円になってしまいます。それならばと予算的には少々きつかったのですが、内装に赤ステッチが入り、ハンドルシフトが革張りで豪華、更にエンジンには新開発の「ナチュラルサウンドスムーサー」搭載のXD Touringを選びました。ただXD Touringはアルミホィールが大きく、タイヤが薄いのでロードノイズを拾いやすいのでは無いかと気に掛かりました。残念ながらこの懸念は当たってしまいましたが・・・

カラーは見ての通りブルーです。ソウルレッドにしようかなと決めかけていたのですが、オプションで4万円程度掛かることと、擦ったとき再塗装に高く付きそうだなと思い躊躇していました。その時、ソウルレッドを薦めるディーラーKさんが「この色は広島ではカープのヘルメットと同じカラーって宣伝しているんですよ」などと発言したため、俄然私の中のドラゴンズ魂が目覚め「ブルーで!」となった次第です。あとソウルレッドは出てる数が多いのも避けた理由なんですが。

写真を見れば、アクセラスポーツのウィニングブルーとほとんど同じ色、マスクもシャープにはなってますがよく似てる、少し縮んだだけで余り変わらない気もします。絶対近所の人は買い換えに気付かないですね・・・

乗ってみて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

橘の高校世界史 © 2017 Frontier Theme