中国王朝の名前

漢字一文字が多い中国王朝。名前の由来は色々あります。大きく分けて3パターンでしょうか。

まずは建国者が元々領有していた土地の名前パターン。このパターンがほとんどでしょうね。

天下を取る前、劉邦は「漢中王」でしたし、曹操は後漢の「魏王」に封ぜられていました。楊堅は北周の「隋国公」、李淵は隋の「唐国公」でした。趙匡胤が建国した「宋」も開封府の位置から考えて、春秋戦国時代の「宋」を意識したものだと思われます。

なぜ、そこを「魏」とか「呉」とか「宋」と言うのか。それは春秋戦国時代有った国名が由来になっているものが多そうです。

次は縁がある、と主張するパターン。建国者が劉さんなら「うちは劉邦の子孫だから漢!」、李さんなら「うちは李淵の子孫で唐!」など言い張るパターンと「建国前、曹操さんとこの魏と縁があったから魏にしよう」なんてパターンに分かれます。五代の後漢も建国者が劉知遠、前者のパターンです。

最後は上記以外の雑多なパターン。「元」の国号は『易経』の伝「大哉乾元、万物資始」から、また「明」は白蓮教の影響で明王からだそうです。「清」は祖先が建てた「金〔シン〕」と同じ発音で、火の徳を持っているとされた「明」を倒すためサンズイの漢字を選び「清」としたそうです。五行説の水克火〔水は火に勝つ〕から名前を付けた訳です。まあ、五行説って今で言うとポケモンみたいな感じですか、私は全然ポケモン知らないんですけど…

考えて欲しいのは「前後北南東西」などが自称なのか、他称なのかです。そもそも、「魏ってさ、前も有ったよなあ。じゃあ、ちょっと遠慮して北魏にしようかな」なんて遠慮深い奴は天下を取ったりしないわけで…

後漢も当時は「漢」を再興したから「漢」ですし、劉備だって自称「漢」の帝室出身なので「漢」を名乗ります。遠慮深く「蜀か蜀漢でどうかな」とか言うはずありません。なので「前後北南東西」などは、後の人間が判別しやすいように付けたものです。

Updated: 2015年1月11日 — 6:57 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください