Asus Zenfone3 ZE552KLの電池交換

SIMフリー二台目!

NTT docomoが余りにもケチなので、expansysからXperia Z ultraを購入、格安SIMのみおふぉんで運用していました。

が、アップデートにより突如Pokémon goが出来なくなったのが二年前、対策として再びexpansysから買ったのがAsus Zenfone 3 ZE552KLです

当時確か3万円台半ば、ノーマルのZenfone 3より「メインメモリと画面が少し大きく、記憶容量が二倍」のやつです。

ちょぼちょぼゲームをして、電話やメール・ラインに株価の確認程度ではこの機能で充分です。

二年経った今でも、機能には何の問題もありません。

ネックは電池…

ただ、二年も使っていると充電池が弱ってくるのは仕方無いところ。

交換する方法は三つ、メーカーに修理に出す・町の修理屋さんに持っていく、自分で交換です。

まあ代替機も無いので一つ目は論外、田舎には修理屋さんは無いので、ここは3番目一択なんですが最初から…

いざ交換

何よりもまず、交換電池の確保です。

今回はAmazonで買いましたが、もう品切れのようです。

現状ではAli Expressなどの中国本土から取り寄せるのがベストでしょう。Amazonで頼んだやつも結局は深センから来てましたしね。

準備できたらいざ、交換開始です。

実際の手順はYouTubeを参照してください。私もその通りやりました。

 

 

最近のスマートフォンは、裏蓋が接着剤で貼り付けになっていますので、まずは裏蓋を剥がすところからはじめます。

ドライヤーで裏蓋を熱し、接着剤を柔らかくした後で隙間に薄いカードを差し込みます。

それで接着剤を押し切っていくのですが、これがなかなか面倒です。

トランプのカードのような、ある程度硬さがある薄いものが良いです。

厚めのプラスチック製のポイントカードなどは、隙間に入りません。

裏蓋が開けばしめたものです。第一の難関は越えました。

作業は特殊な工具は必要ありません

精密ドライバーのプラスネジでほとんどの作業ができてしまいます

工具付属の電池を買ってみたのですが、特殊工具はいりませんでした

 

手先の器用な方なら難なくできると思います

 

第二の難関つまりは最終難関ですが、両面テープで張り付いた電池パックを剥がします。

動画ではテープを引っ張れば難なく剥がれるように見えますが、これがもう大変です。

おそらくは電池パックの熱で、テープが劣化してしまっているのでしょう。

細心の注意を払い丁寧に引っ張っても、途中でプチプチ切れてしまいます。

もうこれが大変大変、私は半ば力技で引き剥がしてしまいました。

あまり携帯に力を加えてしまうと、液晶画面が割れてしまうかもしれません。

ここはひとつ慎重に、クレ556など少量吹きかけて剥がしてみましょう…
 

新しい電池パックは、両面テープで貼り付けました。

多分、もう二年後には買い換えてるはずですから…

対効果費用高し

上手くいけば電池代のみ数千円で、使い勝手が復活します。

メーカーの高い電池交換費用を考えれば、チャレンジしてみる価値は十分にあると思います。

交換してだいぶ経ちますが、今のところ火などは噴いていません^^;

橘の高校世界史 © 2018 Frontier Theme