サンスクリット語の旦那さん

「檀那」は「檀家・檀越」と同じ意味の言葉で、元々サンスクリット語では「ダーナ」です。「ダーナ」は「お布施」、つまり僧侶に物を与えることを意味します。確かに現在の日本で使われている「檀家」も、お寺に財政的な支援を与える人の […]

アラビア語 サラームとイスラムとアスラマ

まず入試に必要な事だけ言っておきます。中東のあの辺りで話されていた言葉は、「ヒッタイトはインド=ヨーロッパ」のような断りが無い限りセム系です。なのでアラビア語も勿論セム語系、ヘブライ語もそうです。 ただし、シュメール語は […]