橘の高校世界史

高校世界史のことを中心に・・・

歴史の学習

綺麗なノートって、役に立つ?

授業に出て、黒板をノートを写す。定期試験前に配られた「問題集」を暗記する。語句や年号を覚えるために、紙に何度も書く。こんな「勉強」を繰り返していませんか。そのあげく定期テストが終わったら、すっかり内容を忘れてしまってませんか。
赤や青、緑のペンを駆使してノートを綺麗に書けば、満足感は得られます。語句や年号を暗記できたら、歴史の勉強をした気分になれます。ですが、綺麗なノートも年号・語句の丸暗記も意味はあんまり無いんです。
歴史の勉強は「因果関係の把握〔いわゆる「流れ」〕」「語句内容の把握〔それが、なんであるかと言う事の理解〕」、これが重要です。綺麗なノートをつくるためにかけた時間や丸暗記をするためにかけた時間は言い過ぎかも知れませんが、無駄な時間なんです。

よりよい学習方法を考えてみましょう。

橘の高校世界史 © 2017 Frontier Theme