GIMPを使ってトレーシングペーパーを処理

ここからGIMPを使ってトレーシングペーパーを処理します。まずはGIMPを起動して、先程スキャンしたファイルを開きます。

gimp1

ちょっと薄いですね、スキャンの時に調整はしたんですけど。これは後で川の形だけを使うつもりなのでカラー情報は要りません。なのでグレースケールに変換します。

gimp2

上部ツールバーの〔画像〕から〔グレーススケール〕を選択します。コントラストを上げて、川の形をはっきりさせましょう。

gimp3

同じく〔色〕から〔明るさ・コントラスト〕を選択。

gimp4

50くらい上げてみます。これで少しははっきりするはずです。これだけでも使えるような気がするのですが、念のために川を黒で塗りつぶします。川を選択するのが難しいので、まず左上部にある〔ファジー選択ツール〕を使って白い部分を選択します。

gimp6

それから〔右クリック〕、〔選択〕で〔選択範囲の反転〕を選び、黒い部分を選択します。〔ブラシツール〕で黒くぬりぬりしてやります。

gimp7

川以外にもチラホラ黒い部分があるので、〔消しゴムツール〕で消しておきます。

gimp5

上部ツールバーから〔ファイル〕、〔上書きエクスポート〕を選択して次はいよいよ合成です。GIMPでJPEGなどGIMPとは別形式で保存する際はエクスポートを選びます。

さて合成が上手くいくか、ちょっと不安になってきました。