Gmailで学校メールなどをチェックする方法

2020/04/17更新

某職場で「学校メールをGmailでチェックしなさい」と指示がでてるようですので、設定方法です。

某職場のアドレスは、Google Suiteで割り当てられたもののようです。

なのでスマホはiPhoneを使っている方は、ChromeからGoogleにログインしiPhoneにもGmailアプリを入れるだけでいいです。

 

ただ私、Appleがそこはかとなく嫌いでAndroidユーザーです。

恐らくガキの頃チェッカーズが余り好きではなかったのが理由かも知れません、全くの余談ですが。

 

こうなると普段使いのGoogleアカウントとSuiteアカウント、二つになりますので追加登録してみましょう。

自前のGoogleアカウントに職場のアカウントを追加する


Chromeを起動し右上のアイコン、私のはネコになってますが、これをクリックします。出てきた小ウインドウの別のアカウントを追加をクリック。

 

ログイン画面になりますので、ここに配布されたメールアドレスを入力。

 

続いて配布された初期パスワードを入力。

 

同意してパスワード変更画面に移り、新しいパスワードを設定すればOKです。

試行錯誤中・・・

これでアカウントの追加は完了、Chromeの画面右上のアイコンから切り替えができるようになります。

試行錯誤してみた結果、Androidアプリで管理するより転送機能を使った方がいい気がしてきました。

 

Chromeを開き、Google Suiteメール画面の右上、設定アイコンをクリックして、小ウインドウから設定を選びます。

メール転送とPOP/IMAPタブを選択して転送アドレスを追加ボタンを押し、転送先のメールアドレスを入力すればOKです。

転送先のアドレスに確認メールが行きますから指示に従いましょう。

Gmailで他のメールアドレスをチェックする設定

まずはブラウザからGmailの画面を開きます。

Gmailのアカウントを持っていなければ、まずGoogleのアカウントをつくりましょう。

 

個人情報はボカしてあります^^;

右上の設定をクリックすると小さいウインドウが出てきますので、そこから設定を選択します。

 

設定画面の上のタブからアカウントとインポートを選択。

 

画面の赤い円のところメールアカウントを追加するをクリック。

 

画面のようにメールアカウント追加のウインドウが出てきますから、ここに配布されたメールアドレスを入力して設定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください