高校世界史の゠と・

高校世界史の「゠」と「・」

高校世界史を勉強しはじめて、生徒さんが疑問をもつのが「」と「」の使い分けです。

特にテストの時、どちらで書けばいいのか悩んで質問に来たりします。

 

教師も「教科書に書いてあるから」と取り立てて説明しませんので、なかには大学受験の時慌てる子も。

なのでここでは、最初に「゠」と「・」の役割について確認しておくことにします。

「゠」と「・」とは

「゠」は本来ならば二重ハイフン、パソコンで扱うときは半角文字です。

「・」は中点です。こちらは半角全角両方とも用いるようです。

 

ただ「゠」は、数学の「=」〔等号〕と同じ形ですし、通常使うAtokなどの変換では容易に呼び出せません。

そのうえ対応する文字フォントが必要です。

 

なので私もなるべく半角イコールで代用するようにしていますが、時々全角等号のままプリントしてしまっているのもあります。

一般でも、半角全角等号両方が代用されている場合も多いです。

ここでも以降は「半角等号」で代用します。

 

更にペンで記入するのであれば、二重ハイフンも等号も、半角も全角も関係有りませんし、選択肢を選ぶ場合もそうでしょう。

よって「=」と「・」の使い方の違いを考えていきましょう。

例を挙げましょう。

 

例はこの人物です。

先に挙げた『詳説世界史B』山川出版ではこの人物はどう書かれているか。

もちろん、チンギス=ハンです。

多分二重ハイフンです、自信はありません、半角等号かも・・・ 最近老眼で・・・

 

気を取り直して『世界史小辞典 改訂新版』山川出版 2004年発行では何と書かれているでしょうか。

チンギス・カンなんです。

 

そこは統一しようや、と思ったりするのですが・・・

結局

ハンとカンの違いは、モンゴル語中世音「Khan」の音が変化して「han」音となったそうです。

昔、横綱朝青龍が「ハラホリンのドリームランド?にいる」とニュース流れましたが、あれが中世音ではカラコルムです。

綴りと正式発音を知らないので、便宜的に日本読みをローマ字書きしてみると

「HaRaHoRin」と「KhaRaKhoRuMu」ですから、まあ間違い無いでしょう。

最近、一般には「チンギス・カン」の方が通りは良いですね。

まあ、それはここでは置いといて・・・

 

同社が出している辞書を見れば、一般的には「一つの名前の並列は「・」で区切る」事がわかります。

敢えて教科書では「=」を使用している」ことは明白です。

 

一般の例で言うと「=」は

Charles Louis-Napoléon Bonaparte

のような、LouisとNapoléonは一語ですよと連結してある「ハイフン」の代わりに用いられ

シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト

と書き表します。

 

それでは、なぜ教科書では「・」ではなくて「=」なのか。

ここからは類推ですが「一つか並列かが解りにくいから」ではないかと思います。

 

シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルトでは「一人の名前なのか、シャルルとルイ=ナポレオンとボナパルトの三人の名前なのか、初学者が間違えるかもしれない」からでしょう。

なので、敢えて複合語を表す二重ハイフンもしくは半角等号で繋いで「シャルル=ルイ=ナポレオン=ボナパルト」と表記しているのだと思います。

 

まあ厳密な翻訳の規則も無いようなので。

 

不親切なのは教科書にこの説明が全く無いことですね・・・

 

無論テストの際にはどちらを書いても構いませんし、空白を空けて書くのもありでしょう。

「ウマイヤ=モスク」「クトゥブ=ミナール」なら「ウマイヤモスク」「クトゥブミナール」でも可だと思います。

これでバツはありえません。

Atokで「゠」を入力するには

ついでにAtokで「゠」を入力する手順です。

ブログ書いちゃった以上、プリントの「=」は訂正しとこかなと思ったついでです。

IMEは使ってないので解りません・・・

 


まずWindows画面右下の「Atokアイコン」を右クリック。

 

「Atokメニュー」をクリックします。

 

次にAtokメニューから「文字パレット」を選択します。

 

文字パレットで「Unicode表」タブと見出し「片仮名」を選択。

すると二重ハイフンがでてきます。

 

まあ、ここまで手間をかけて見合った効果があるかと言われると・・・

システム屋さんでもないので、正直半角等号でええんじゃないでしょうか・・・

単語登録

単語登録をしておけば、変換で呼び出すことも可能です。

 

「゠」をマウスで選択してから、「ツール」から「単語登録」を選択。

 

単語登録のウィンドウで設定してやれば、「にじゅうはいふん」で「゠」が変換できるようになります。

まあ、手間には変わりませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください